タロウ占い師はどうアドバイスしますか?

タロット占いに対して、タロット占いの結果は正しいですか?

タロット占いは三つの部分に分けられます。

一つは、タロット占いの本質をどう理解するかについてです。

第二に、もし提案するなら、「どのように提案し、提案する尺度」の原則問題である。

第三に、「正確さを求めず、正確さを求めてはならない」という言葉をどう理解するかです。

まず、タロット占いの本質をどう理解するかについてです。

タロット占いは、カードを読む人が身につけている様々なタロット知識とカードを読む技術を利用して、タロットカードの解読を通じて人の質問を求める問題を分析し、さらに重要なのは、質問者を導いて問題を見極め、解決策とヒントを求め、彼らをより一層決定する能力を持つことです。

一般的な質問者にとって、よく関心を持つのは未来と結果です。これは表象です。

なぜ未来と結果に関心がありますか?彼らはこの問題の結果を重視していますので、この結果が自分の気持ちに合うように望んでいます。更に深く考え続けて、人に結果に対する重視を聞きます。側面から彼らはこの結果に対して自信がないことを反映しています。

つまり、最も関心があるのは「どうすればいいか」ということです。

ですから、タロウ占い師として、人に聞いてほしいという努力をして合意の結果を考えてもらうことです。この時、ポイントは現在の状況、環境、資源、主観的な態度を分析して、牌面を組み合わせて未来の方向を指し示します。すべてが人の前に現れたら、人に決定を求める能力を与えることになる。どう決めたらいいのかは人に自分で考えてもらうことにしましょう。

第二に、もし提案するなら、「どのように提案し、提案する尺度」の原則問題

卜を求める人にとって、彼らが一番憧れているのは、「人が来たら、牌を広げて、口を開けて、未来を教えて、万事が心配なく、心の中で事が成就する」ということです。

解読師が本当にこのようにすることができるならば、占い師は占い師と違って、判官のように、神のように、世事を支配する人のようです。しかし事実は、占い師は神でもないし、世界を支配することができる人でもない。ただ、人を求める依頼心から生まれる一方的な希望である。人にこのような希望と現実のギャップを聞くのは、彼らが受け入れざるを得ない事実です。

ですから、カードを読んでいる人は、カードの表面を分析してから、質問者に対してアドバイスをする際には、一定の基準が必要です。まず自分で他人をリードする方向を明確にしなければなりません。ここで、あるタロウ先輩のこの問題についての観点を引用します。

毎回タロット占いが明らかになるのは巨大なパターンです。特定の占い問題はこのパターンの一部にすぎません。この問題が明らかになった時、つまり人に決定できる能力があることを求めます。」

——この観点は理論的ですが、ある程度の道理があります。

このようにするのは実はこのいくつかの点をはっきり示すのと同じです。

1、カードを読む人の役割は、占いの問題をカードで解いていく大きなパターンです。このパターンを解決すれば、問題のさまざまな要素をすべて質問者の前に置くことができます。(過去から未来へ、原因から結果、客観的環境から主観的態度へ…)

2、カードを読む人の提案は原則として、依頼人が決定する能力を与えることです。つまり、依頼人がそのパターンを認識した上で、自分でヒントを得て、どのように決定するかを知ることです。という意味で、カードを読む人は代わる代わる人に聞いて決めるのではなく、人に認識されてから自分でやることにします。また、マジシャンが手品をするような手品ではなく、未来は自分で勝ち取ることが求められます。

また、例を見て、タロット占いの問題を自分の力で解決しようとしたり、占いのために決定をしたり、質問者の質問に答えようとしたりして、質問者を喜ばせたり、満足させようとする読み物師は、好ましくないと思います。一方で、彼らは自覚の明が欠けています。

タロット占いでは、「知覚」を求めることが一番大切で、解決策を見つけるよりも重要です。いくつかの問題は答えがないかもしれません。いくつかの問題の結果は人自身の決定を求めることによって決まるかもしれません。時には、どの道を選んだかということが一番重要ではなく、占い問題をどうやって明確に変更するか、その中の課題、自分の目的、自分の選択範囲、情勢に対する評価をはっきりさせるかが重要です。このように、質問者は問題を解決する能力と異なる状況に対応し、情勢の変化に対応する能力を持っています。

ですから、すべてのポイントは「人に聞いてもらう能力」ではなく、「人に聞いて決めるため」です。問題の中ですべてのことを要求人の前に置くと、彼はもう「どうすればいいですか?」と聞くべきではないです。自分は局の中の人です。配置はもう分かりました。どの手で打つかは自分のことです。(それに、専門的な問題があります。例えば、財務、医学、法律などは、専門に勉強したことがない占い師が解決できるのではないです。それより、正直にカードについて分析したほうがいいです。どうやって決定し、どう解決するかは自分で悟るようにしてください。)

第三に、タロット占いの一つの観点について述べます。「正確さを求めず、正確さを求めてはいけない」(実は同僚のショッピングスタイルからヒントを得て、私の同僚が買い物をするのは「一番いいとは限らないが、一番高いものを求める」)

この言葉は誤解しないでください。

「正確さを求めない」という意味は、読み手として、未来の予測を100%正確にすることを求めません。なぜなら、その未来を認めたら、未来を「確定」します。しかし事実上、世事は無常で、事態の進展に影響する要素が多すぎて、タロット占いはこれらの影響要素を分析できます。このような状況下で未来に発展する傾向が見られますが、未来を絶対に「定格」にしてはいけません。棒の打撃は、むしろ占めないより悪いです。

「ただし、正確でないことを求める」という意味もはっきりしています。占い師が将来どのように発展するかにかかわらず、影響要素を十分に考慮し、将来の様々な可能性について質問者に伝えなければなりません。最後は最も重要なポイントです。問題のあるモデルを見極めて、既存の資源を利用して、彼の希望している未来を知るために。(星座www.zuixingzuo.net)

だから、今はどうやって決めるかを知ることが一番大切です。自分の道を広げることと同じです。自分でもどこまで行くかを知っています。最終的には自分の予想から外れていても、タロウ占いをしてからは、これらの「予期していない要素」も考えられます。情勢を変える能力。「予想外のこと」に対して、自分の心の中に準備ができても、手遅れにはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

scroll to top