祭司の札陣を詳しく説明する。

タロットの札の女性の祭司知恵を意味して、この札は通常1段の萎縮と消極的な反省の時間を代表して、直感、洞察であることができて、或いは生活の中から隠蔽してきます。手に握っている巻物は多くの知恵と知識を持っていますが、一部が隠されています。これは知恵と知識が原文の中に隠れています。女性祭司はこの巻物を握っていますが、内容が分かりません。彼女が陰性の力と補完できる陽性の力に出会ったら、この男は彼女に隠れている意味を教えます。巻物はどこから来たのかを教えてくれます。時には女性祭司は魚座を代表しています。魚座で勉強しなければならない部分の課題は、夢を現実に変えて、希望するもののために種をまき、それから着手して、これらの夢を実現させることです。

位牌数:9枚

カードを使う:78枚、必ず78枚をください。でないと、つまらないです。

牌陣分類:分析型牌陣

この牌陣の特徴は非常に魅力的な特徴があります。それは牌陣の最後の牌である9枚目の牌です。このカードはどのようなカードですか?占いの結果にとって重要です。この位置でめくられた札は大きな札ですか?それとも小さい札ですか?結果は全然違っています。大きな札は大きな札の読み方があります。小さい札は小さい札の読み方です。

ウィトカードの女性祭司の画像で、胸の十字型、巻物、二重柱などのシンボルマークを見つけられます。この牌陣の全体配置はこれらのシンボルの位置によって並べられています。牌陣位置の意味はこれらのシンボルの神秘学の象徴的な意味を参考にしています。このカードに対する理解が深ければ、以下の位牌解釈をもとに独自の風格を持つ意味を発展させ、彼を自分の「個人牌陣」に変えることができます。

牌陣位置の意味:

1+2:女性祭司の胸の十字のマーク。この二つのカードは問題の核心であり、問題を形成する二つの主要な力を表しています。解読する時、両カードの関係と相互の作用を観察し判断します。

1:問題の自身の状況、認定された問題の現状を聞いてください。

2:1桁にまたがり、1桁を強化または弱体化、支援または阻害する。

4+3+5:女性祭司の頭に付けられたコロナは、月の満ち欠けの変化の中の3段階の状態と見なすことができる。左から右にかけて上弦の月、満月、下弦の月が続く。この3つの位置は問題に影響し変化する要素である。

3:満月、現在の問題に対する主要な影響

4:上弦月(新月が満月に変わる時期):問題の影響要素が増加する力があります。

5:下弦月(満月が新月に変わる時期):問題の影響要素を弱める力を持つ

6+7:女性祭司の隣の二本の柱、二元性、未知と分かりやすい要素

6:黒い左柱のボア。まだ発見されていない、潜在的、掘り出されるべきものや要素は、事件の前触れや、事件への懸念や恐れを表しています。

7:白い右柱Jakin。はっきりと現れている、すでに気づいている、考慮範囲内の物事と要素。

8:女性祭司の下の足のそばの三日月。代表問題は現在の基礎の上で発展していく方向、問題は未来の状況にあります。

9:女性祭司のトップ巻物、キーポイント!この位置は画像の中で女性祭司が持っている半面的なトーラスの巻物に対応しています。Torahは真理を表し、宇宙の神秘を象徴しています。女性祭司が持っているTorah巻物は彼女が真理を持っていると表しています。巻物の半陰は律法と奥秘が簡単に人に示されていないことを表しています。だからこの札のめくりは他の位置で解読してから開けます。めくってから先に大きな札かそれとも小さい札かを見てから次の規則に従って読みます。

A.このカードが大物であれば、彼女の知恵と奥秘が祭司によって示されたことと同じです。その代表的な意味は、問題の深層的な動機――問題の答えは、もっと深く理解するためには「動機づけの原因」とも言えます。

B.このカードが小札だったら、申し訳ございません。女性祭司は何の挨拶もしません。彼女は自分の知恵と秘密を残しました。ですから、このカードは無意味なカードです。無視したり、自嘆したりして、運が悪いです。残りの8枚の札の中からヒントを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

scroll to top